HOME >技術コラム >KPIT Cummins GCCの使い方@ >KPIT Cummins GCCの使い方A

 
2. ソースファイルの作成・編集

2.1 概要


新規のソースファイルの追加をおこないプログラムを完成させます。
ここでは、以下の処理を行うプログラムを作成します。

・外部RAM を使用可能にします。(変数領域に外部RAM を使用)
・ SCI1 を使いエコーバック処理を行います。
・ MTU0 を使いボード上の LED を周期的に点滅させます。


2.2 ソースファイルの作成・編集


 @ デフォルトで作成されたファイルを削除します

プロジェクト名を選択し右クリックで「ファイルの削除」を選択します



 A 「プロジェクトファイルの削除」が表示されますので「すべて削除」をクリックしOKを押します



 B ソースファイルのコピー

 main.c、sci.c、tmr.c、vector.c、7144s.h、common.h、crt0.sの7つのファイルをソースファイル用のフォルダ
  C:\sample\sh2f_6a\sh2f_6a\ にコピーします。
必要なファイルを任意のフォルダへコピーします。

main.c
sci.c 右クリックで「対象をファイルに保存」で保存してください
tmr.c
vector.c
7144s.h
common.h
crt0.s


 C プロジェクト名を選択し右クリックで「ファイルの追加」を選択します




 D ソースファイルを選択し追加ボタンを押してプロジェクトへ追加します




プロジェクトに登録された画面


次にセクションのマッピングを行います




Prev <   > Next