HOME >製品情報 >SuperH >小型ネットワークCPUボード >Linux-Kit-B02
μST-SH2用 Linux開発キット

Linux-Kit-B02

¥9,800 (税別)
Linux RoHS対応

ST-SH2のLinux開発環境です。μST-SH2でのLinuxシステム開発に必要なものがすべてセットになっていますので、すぐに開発に取りかかることができます。開発環境にはVMware Playerを採用していますので、Windows上で開発をおこなうことができます。

また、開発環境のアップデートやアプリケーションノート等をいつでも参照できる「μST-SH2ファイルセンター」をご利用いただけます。 (※要ユーザ登録)

  • ※本製品にCPUボード、ケースは付属しておりません。
  • ※本製品にデバッグ環境は付属しておりません。

対応ボード : μST-SH2

μST-SH2 Linux開発キット ご購入特典

超小型ネットワーク対応ボード「μST-SH2」の発売を記念して、「μST-SH2 Linux開発キット」にSDカード(1GB)を付属いたします。


※画像はイメージです。CPUボード、ケースは付属しておりません。

特長

仕様

Linuxクロス開発環境
(DVD-ROMに収録)
ブートローダ
カーネルソースコード
デバイスドライバソースコード
GNU C クロスコンパイラ
サンプルプログラム
解説マニュアル一式
ケーブルほか
RS232ケーブル (クロスケーブル)
LANケーブル (ストレートケーブル)
5V ACアダプタ
VMware Playerとは、WindowsやLinux上で動作する、デスクトップ仮想化ソフトウェアです。
Linuxクロス開発環境には、Windows7/XP(Windows XP推奨)が動作するPCが必要です。
Linux関連ソフトウェア (ブートローダ, カーネル, デバイスドライバ等) の最新版とソースコードは、弊社Webより提供されます。
本シリーズに含まれるLinux関連ソフトウェアは全て無保証、サポート対象外です。あらかじめご了承ください。

 提供されるOS、デバイスドライバ
ソフトウェア 機能 備考
U-Boot
シリアルコンソール機能
SDカードドライバ (FATファイルシステム)
ネットワーク (TFTP) ダウンロード機能
ソースファイル一部非公開
Linux
μCLinux バージョン2.6.33.1
RAMディスクルートファイルシステム対応
 
シリアルドライバ ・CPU内蔵シリアル(SCIF)用ドライバ  
Ethernetドライバ ・CPU内蔵Ethernetコントローラ (10BASE-T・100BASE-T)用ドライバ  
SDカードドライバ
SPIモード (CPU内蔵シリアルI/O) 対応ドライバ
FATファイルシステム対応
 
RTCドライバ ・μST-SH2外付けRTC (S-35190A) 用ドライバ  
USBホストドライバ
μST-USB (ISP1161A) 用ドライバ
USBマスストレージクラス対応
 
A/D変換ドライバ ・μST-ADIO用ドライバ  
ディジタルI/Oドライバ ・μST-ADIO用ドライバ  
ビデオキャプチャドライバ ・μST-VCP用ドライバ  

ダウンロード

マニュアル・ドキュメント バージョン 更新日
μST-SH2 Linux開発キット ソフトウェアマニュアル (ダイジェスト版) 4.0 2010/06/23
AN1001 μST-SH2 viエディタの使用解説 2.0 2010/06/23
AN1002 μST-SH2 μST-USBの使用方法 2.0 2010/06/21
AN1003 μST-SH2 μST-ADIOの使用方法 3.0 2010/06/21
AN1006 μST-SH2 μST-VCPの使用方法 2.0 2010/06/21

自社サイト資料

Linux-KIT-B02 ファイルセンター

製品をご購入いただいたお客様にはこちらで情報を公開しております。

アクセスには μST-SH2 Linux開発キットのユーザ登録が必要です。

ご購入