HOME >製品情報 >SuperH >開発支援ツール >Visual Monitor Ver.2 >Ver1.x→Ver.2 機能比較

Visual Monitor Ver1.x→Ver.2 機能比較

★は、主な改良点もしくは追加機能
機能項目 Ver1.x Ver.2
対応CPU ・SH-1 : SH7032
・SH-2 : SH7064, 7040/41/42/43/44/45/50/51
・SH-1 : SH7032
・SH-2 : SH7604, 7040/41/42/43/44/45/50/51
★SH-2 : SH7046/47/52/53/54
★SH2-DSP : SH7065
★SH-2E : SH7055
★SH-3 : SH7709,SH7709A,SH7708S/R
★SH-3E : SH7718R
★SH3-DSP : SH7729
対応言語 SHC
GCC
各別パッケージ
SHC
GCC ※1
★両対応パッケージ

※1:exeGCC Ver.2は未対応
モニタカスタマイズ ・ソースコードの書き換えによるカスタマイズ ★専用ユーティリティ(GCU)によるカスタマイズ
ダウンロード ・RAM
・内蔵FlashROM
・FlashROM(1種類)
・RAM
・内蔵FlashROM
★FlashROM(2種類)
ソース表示 ・Cソース表示
・アセンブラ表示
・Cソース表示
・アセンブラ表示
★C + アセンブラ 混在表示
ブレーク設定 ・設定のみソース上で指定可能
・アクセスブレーク指定
★ソース上で設定、削除、有効/無効が指定可能
・アクセスブレーク指定
ウォッチ設定 ・アドレスもしくはシンボル指定による設定
・16進表示
・アドレスもしくはシンボル指定による設定
★ソース上の変数をダブルクリックで指定可能
★ウォッチ変数を指定して値の変更が可能
★10進/16進表示切替
変数表示 ・メモリウィンドウ上でアドレスまたはシンボルを指定
・グローバル変数のみに対応
★ソース上の変数をダブルクリックで値表示
・メモリウィンドウ上でアドレスもしくはシンボルを指定
★グローバル変数、ローカル変数に対応
メモリ設定 ・メモリFILL
・アドレスもしくはシンボル指定による部分書き換え
・メモリFILL
・アドレスもしくはシンボル指定による部分書き換え
メモリダンプ ・アドレスもしくはシンボルによる指定
 指定時に1回のみ表示
・アドレスもしくはシンボルによる指定
★停止毎に再表示
★値が変わった箇所を色違いで表示
★ダンプイメージに値を入力して直接メモリ編集が可能
設定の保存/読込 ★ブレークポイント、ウォッチ指定等
 設定の保存、読み込みが可能
出力関数サポート ★専用出力関数によるログ出力
リセット ・ソフトウェアリセット機能 ・ソフトウェアリセット機能
組込み機能 ・自動ブート機能 ・自動ブート機能
モニタサイズ ・モニタサイズ 約48KByte
・ワークRAM 4KByte
★モニタサイズ 32KB以下(SH-1/2) 48KB以下(SH-3)
・ワークRAM 4KByte
コンパイラ ★GCC付属(モニタ生成用)
ダウンロード時間 ★データ圧縮の採用等により
 Ver1.xに比べて最大で約1/10に短縮
通信速度 ・38.4Kbps固定 ★9600/19200/38.4K/57.6K/115.2Kbpsに設定可能
対応OS ・Windows 95/98 ・Windows 95/98/NT4.0/2000
供給媒体 ・1.44M FD ★CD-ROM