HOME >製品情報 >SuperH >スタンダードCPUボード >AP-SH3-0A
SH7709 搭載CPUボード
SuperHファミリ アルファボード

AP-SH3-0A

 ¥32,000(税別)
販売終了品
専用ダウンローダ付属PC-RS-04対応PC-USB-01対応PC-LAN-01対応FlashWriterEX対応Visual Monitor Ver.2対応

試作・機器組込み用途に最適な、SH7709を搭載した高速RISCボードコンピュータです。

外部拡張に必要な信号はすべて外部接続コネクタへ引き出してありますので、 各種試作や小ロット製品への適用など幅広い対応が可能です。


  スタートアップ、タイマ割込等のサンプルプログラム付属
  開発ツールとして VisualMonitorFlashWriter EX を利用できます。


拡大画像

特長

動作周波数80MHz(10MHz水晶振動子使用)
バス幅32ビット
高速大容量メモリ搭載 EDO-DRAM 16MByte
SRAMのバックアップ可能
5V EPROM及びROMデバッガの使用可能
外部拡張コネクタに外部拡張に必要な信号を全て接続(プルアップ済み)
外部にRS232アダプタ(PC-RS-04)を接続すれば、RS232通信が簡単に可能
小型4層基板を採用
専用ダウンローダ付属

仕様


CPU SH7709F80(208P QFP)
クロック 80MHz(10MHz水晶振動子使用)
動作性能 104MIPS
メモリ FlashROM 1MByte (16bit幅)
EDO-DRAM 16MByte (32bit幅)
EPROM 128K〜1MByte (8bit幅)
キャッシュ 8KByte
外部メモリチップセレクト チップセレクト端子6本 PCMCIAインターフェース内蔵
CS0:FlashROM、CS3:SDRAM CS4:SRAM CS5:EPROM
各メモリはマスク可能
CS0とCS5は入れ替え可能(デバッグ時に使用)
メモリバックアップ バックアップ切替対応
外部にバックアップ電池等を接続することによりSRAMバックアップ可能
I/O シリアルインターフェース 3ch
パラレルインターフェース I/O 8ビット×12本(兼用端子含む)
タイマ/カウンタ 32ビットタイマ 3チャンネル
割り込み 割り込みコントローラ内蔵
外部6本(レベル割り込み16本) NMI1本 その他内部周辺割り込み
DMA DMAコントローラ内蔵 4ch
DRAM SDRAM、DRAMコントローラ内蔵
RTC 内蔵クロック、カレンダ機能 32.768kHz水晶接続
リセット リセットSWを搭載 外部からのリセットも可能(オープンコレクタ)
動作モード DIP-SWで変更可能
外部接続
外部拡張※1 64pinコネクタ ×2 (2.54mmピッチ)※未実装
  50pinコネクタ ×1 (2.54mmピッチ)※未実装
シリアルI/F 6pinコネクタ  
H-UDI 14pinコネクタ  
電源 4pinコネクタ  
電源電圧 5V ±10% (内部 3.3V)
消費電力 MAX 400mA
基板サイズ 120×90mm 4層基板 (コネクタ、突起物は除く)
付属品 マニュアル、回路図、電源ケーブル、サンプルプログラム、ダウンローダ
外部拡張用コネクタとして「拡張コネクタセット5(別売)」を用意しております。
内蔵フラッシュの書込みには「PC-RS-04」または「PC-USB-02A」が必要です。

ダウンロード

○ 製品マニュアル類
ブロック図
  ハードウェアマニュアル 2002.06.11 8版

○ アプリケーションノート
  AN117 3.3VCPUと5V系デバイスのインタフェース

○ サンプルプログラム
 
バージョン 説明 データ サイズ 更新日
3.11 Readme.txt sh30a311.lzh 541KByte 2002.06.11

○ Q&A
  CPUボード全般
  AP-SH3-0A


ご購入


販売終了品