HOME >製品情報 >SS無線シリーズ >ARN-60500シリーズ
2.4GHz帯スペクトラム拡散
SS無線信号伝送ユニット 【ARN-60500シリーズ】 >価格表

ARN-60500シリーズは、2.4GHz帯を利用した信号伝送ユニットです。

デジタルは8点、アナログは4点づつの無線ユニットと同信号点数の拡張ユニットがあります。
ユニットの拡張にはRS-485利用し、電源の同時配線も可能です。



  あらゆる信号伝送形態に柔軟に対応!RS485で自由に拡張!
  ダイバシティ、ソーラーバッテリー対応
SSスコープ


各ユニットの特長

拡大画像を表示 拡大画像を表示
無線デジタル信号ユニット
ARN-60510
拡張デジタル信号ユニット
ARN-61510
8点を個別にフォトカプラ入力
またはオープンコレクタ出力に設定可能
拡大画像を表示 拡大画像を表示
無線アナログ入力ユニット
ARN-60520
拡張アナログ入力ユニット
ARN-61520
アナログ入力:4点 分解能12bit
入力範囲0〜5V または0〜20mA
拡大画像を表示 拡大画像を表示
無線アナログ出力ユニット
ARN-60521
拡張アナログ出力ユニット
ARN-61521
アナログ出力:4点 分解能12bit
入力範囲0〜5V または0〜20mA


無線信号ユニット共通仕様

電源 DC12〜DC24V またはACアダプタ 拡張ユニットは無線ユニットより供給
消費電流 デジタル/120mA以下 アナログ/200mA以下(各12V電源の時)
インタフェース RS232 ×1 RS422/485 ×1
拡張機能 デジタル・アナログの各ユニットを合計32台まで拡張可能
信号応答速度 100msec以下が可能
無線仕様 * 拡張ユニットには無線は搭載されておりません*
・ 2.4GHz帯SS無線
・ STD-33とSTD-66の両周波数帯域に対応
・ 94chが使用可能
 (他の無線機との干渉を避け易くなっています)
通信距離 屋外300m 屋内60m(環境による)
使用温度範囲 -10℃〜50℃
外形寸法(mm) 133(W) × 78(D) × 30.8(H)
重量 350g(拡張ユニットは300g)


システム構成例

ご希望により、システムのご提案をさせていただきます。お気軽にご相談ください。

1対1通信

1. デジタル信号伝送-1
2. デジタル信号伝送-2
3. アナログ信号伝送
4. 複合信号伝送

デジタル信号伝送ユニットの信号点数は8点。ビット毎に入力又は出力の指定可能。
マスター//スレーブは、通信タイミングを作る権利の有無に相当。


1対N通信

1. 信号伝送1対N
2. PCコントロール1対N
3. 広域無線信号収集(カスタマイズ)


ご購入方法

注文する (ご注文ページへ)