HOME >製品情報 >SuperH >PC/104準拠ボード >Linux-KIT-A01
Linux開発キット

Linux-KIT-A02

¥20,000 (税別)
 販売終了品
Linux RoHS対応

Linux-KIT-A02はLinux-KIT-A03に移行しました。

MS104-SH4のLinux開発環境一式と、フラッシュ書込みツールのセットです。

  CPUボード「MS104-SH4」と開発キット「Linux-KIT-A02」をセットにした「Linux開発キット バンドルパッケージ」をご用意しております。ボードご購入後すぐに取りかかりたい方や、開発のための環境がわからない方におすすめです。
価格もお求めやすくなっています。

Linux開発キット バンドルパッケージ
¥59,800 (税別)

仕様

Linuxクロス開発環境 ・ブートローダソースコード、コンフィグレータ
・カーネルソースコード
・デバイスドライバソースコード
・GNU C クロスコンパイラ
・サンプルプログラム
・解説マニュアル一式
Flash書込みツール ・HJ-LINK(H-UDI / JTAGケーブル, ACアダプタ, D-Sub 25pinケーブル)
・FlashWriter EX for MS104-SH4
CPLD 開発環境 ・QuartusII Web Edition(Altera)
その他 Ethernetケーブル(ストレートケーブル)
・D-Sub 9pinケーブル
・Linuxクロス開発環境には、LinuxOS(RedHatLinux9、FedoraCore1推奨)が動作するPCが必要です。
・Linux関連ソフトウェア(ブートローダ, カーネル, デバイスドライバ等)の最新版およびソースコードは、弊社Webより提供されます。
・本シリーズに含まれるLinux関連ソフトウェアは全て無保証、サポート対象外です。あらかじめご了承ください。

ダウンロード

マニュアル・ドキュメント バージョン 更新日
MS104-SH4 Linux開発環境マニュアル(ダイジェスト版) 1.0 2005/02/18
MS104-SH4Linux導入マニュアル (ダイジェスト版) 1.0 2005/01/20
AN302 apLinux viエディタの使用解説 1.0 2003/08/04
AN312 PC/104バスの高速化手法 2.0 2005/01/20
AN321 apLinuxバージョン2.xへの移行 2.0 2006/11/22
AN322 PC/104バスのエッジ割込みへの対応 1.0 2005/01/20
AN323 DA・AD変換PC/104周辺ボードの使用方法 2.0 2006/12/04
AN324 ディジタル入出力ボードの使用 2.0 2006/12/04
AN325 MS104-VGA/LCDの使用方法(ダイジェスト版) 1.0 2005/02/18
AN326 MS104-USB H/Sの使用方法(ダイジェスト版) 1.0 2005/02/18
○ Q&A
  Linux-KIT-A02

Linux-KIT-A02 ファイルセンター

製品をご購入いただいたお客様にはこちらで情報を公開しております。

アクセスには MS104-SH4 Linux開発キットのユーザ登録が必要です。