日立 H8/300Hシリーズ アルファボード

AP-H8-1B

 ¥19,000(税別) 販売終了品2002年7月


試作・機器組込み用途に最適な、H8/3007を搭載したシンプルなボードコンピュータです。

外部拡張に必要な信号はすべて外部接続コネクタへ引き出してありますので、 各種試作や小ロット製品への適用など幅広い対応が可能です。

拡大画像

特長

動作周波数 16MHz
  2chのシリアルポート
  38ビットのパラレルポート
  16ビットインテグレーテッドタイマユニット
  8chの10ビットA/D
  外部割込み7本
MAX 1MByteのROMを実装可能
128KBのRAMを実装 (MAX 512KB)
CPUバスをすべてコネクタ上に出力しているためシステムの拡張が容易
8ビットバス対応
RS-232ドライバ、D-subコネクタを標準搭載

仕様

CPU H8/3007
ROM 27C256〜27C1001 (未実装)
RAM HM628128FLP×2または相当品
クロック 16MHz
電源 DC5V ±5%
消費電力 150mA/MAX
基板サイズ 100×80mm 4層基板
・ ROM、基板間コネクタは付属していません。

ダウンロード

製品サポートページへ