HOME >製品情報 >Altera CPLD BOARDシリーズ >EZ10K10A/30A

Altera CPLD BOARDシリーズ 販売終了品

EZ-10K10A

 ¥32,000(税別)

EZ-10K30A

 ¥41,000(税別)

EZ-10K10A/EZ-10K30Aは、機器組込・試作・教育用CPLDボードです。
外部接続コネクタへユーザ割当て可能な信号を全て引き出してありますので、各種試作および小ロット品への適応など幅広い対応が可能です。また基板上には切り離し可能なオンボード回路を搭載していますので、ボード単体での動作も可能です。
「これからCPLDを始めてみよう」といった方にも最適です。

EPC2LC20への書込み装置をお持ちでない方が本ボードを購入される場合には、 Altera社ダウンロードケーブル「ByteBlasterMV」の購入をお勧めします。 また、弊社でもCPLDボード用ダウンロードユニット EZ-DLPGをご用意しましたのでご利用下さい。

CPLDボード発売と共に「CPLDボード」「ダウンロードユニット」「Altera MAX+plusU BASELINE」を1つにした FLEX10K開発支援パッケージ もご用意しました。


(写真はEZ-10K30Aです) 拡大画像

入門から開発まで使用できるCPLDボード

特長

Altera社CPLD、標準ゲート数1万ゲート/内蔵RAM6,144bit(10K10A)、3万ゲート/12,288bit(10K30A)を採用。
スピードグレード「-2」、ユーザI/Oピンは134ピン(10K10A) 147ピン(10K30A)。
複数のボードを接続して拡張する「マルチデバイス」構成が簡単に可能。
EPC2(書換え可能なコンフィギュレーションデバイス)を搭載しオンボード書込(ISP)可能。
コンフィギュレーションROMとPCからの2種類のコンフィギュレーションが可能。
切離し可能なI/O(スイッチ、LED、クロック10MHz、リセット回路)を搭載、ボード単体でも実験動作が可能。
外部拡張コネクタにユーザ割り当て可能なI/O信号を全て接続。
ボード上に3.3Vレギュレータを搭載、外部から5V電源を与えるだけで動作可能。
自動デバイス分割機能は有償版のMAX+plusUにてサポートされています。
  複数デバイスのコンフィギュレーションデータの併合機能はBASELINEでも可能です。

仕様

CPLD EPF10K10AQC208-2 EPF10K30AQC208-2
CONF-DEVICE EPC2LC20 (標準搭載)
ユーザI/Oピン
標準入出力 128本
クロック専用 2本
入力専用 4本
134本
標準入出力  141本
クロック専用 2本
入力専用 4本
147本
インタフェース MultiVolt機能による 5V TTLインタフェース
CPLD内蔵RAM 6,144bit 12,288bit
標準ゲート数 1万ゲート 3万ゲート
外部接続 64PINコネクタ×2 (2.54ピッチ)
50PINコネクタ×2 (2.54ピッチ)
ByteBlasterコネクタ 10PIN(2.54ピッチ)
電源コネクタ
電源 5V ±10% (内部 I/O:3.3V CPLD:3.3V)
消費電力 50mA/max
基板サイズ 120×90mm 4層基板
付属資料 ボード説明書・FLEX10Kデータシート
・ ROM、基板間コネクタは付属していません。